予想と予測

トレード禁止期間中でFX初心者のatsushiiiです。

 

今週はトレードしないと誓っているのですが相場は見ています。

環境認識の勉強として相場を検証しています。

昨日、環境認識をしたGBPUSDがどう動いたか確認したいとおもいます。

また、予想と予測は違うよなーって考えていてそのことについても少しかけたらを思っていました。

どうぞ、よろしくおねがいします。

環境認識の勉強 昨日の予測はどうだったか?

昨日、GBPUSDの環境認識をしました。

以下、昨日の検証画像です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-2-1024x544.png

昨日は、M15を基本時間軸として考えロング目線で上昇していくと考えていました。

↓昨日の内容

実際度だったでしょうか?

うーん、実際には少し上昇しましたがその後すぐに下落を見せました。

難しい。

H1のゴールドMAが水平になって来ていたところなのでどっちに動くかは、まだわかりにくい局面だったのだなと改めて思いました。

M15ではダウ理論として安値切り上げ、高値切り上げを見せていて上昇トレンドを作っていたのですが⑤赤ライン安値からで③白ラインの高値を更新できずに上昇トレンド終了となっています。

そこからは、ストキャスPO(パーフェクトオーダー)下落を見せています。

  

うーん、予想通り行かないもんだなーと思ったのです。

しかし、トレードにおいて予想は禁物であると誰かに言われた気がしました。(師に言われたか、本で読んだか?)

 

でも、予想はダメだけど予測する事は大切だとも思ったのです。

なんでそんな事を思ったか、思い出せませんがこの感情を記録しておこうと思います。

予想と予測の違い

予想と予測って似ている言葉ですが違います。

なんとなくイメージはできるのですが言語化できないのでググりました。笑

「予想」と「予測」の意味の違い
「予想」というのは、「物事の展開・結果について、あらかじめ主観的な思いをめぐらせて見当をつけること」を意味しています。
それに対して、「予測」という表現は「これから先、その物事や試合がどのような結果になるのか、事前に一定の根拠に基づいて推し量ること」を意味しているという違いがあります。
「予想」と比べると「予測」という言葉には、「推量する理由の客観性が高い・将来を推測する精度が高い・一定の根拠に基づいている」といった違いがあるのです。

引用元:「予想」と「予測」の違いとは?意味を詳しく解釈 | 言葉の違いが分かる読み物 (meaning-difference.com)

つまり、「予想」は主観的な考えで極端にすると思い込みに近いんだと思いました。

それに比べ、「予測」は客観性が高く、一定の根拠に基づいている推量。

この、客観性一定の根拠っていうところはだいぶ重要であると思いました。

 

ここでの客観性というのは、MAの動きとストキャスティクスの動きをありのまま見れているかっていうところかなと思いました。

主観的な予想というと、こうなってほしいという希望になってしまいます。それだと行けないですね、自分の希望通りに相場は動くはずがありません。

一定の根拠っていうのは、過去の検証で積み上げてきた次に起こり得るパターンだと思いました。

一つの局面で複数のパターンを予測しておけると良いと思っています。

 

Aのパターンになりそうだと予測して、戦略1を行う。

もし、Bパターンになるようなら、戦略2を実行する。

トレードに感情を持ち込んでは行けない。システマチックに自分の戦略を遂行できるようになりたい。

欲と恐怖を捨て去った、感情のない機械のようなトレーダーになりたいです。笑

まとまりが悪いですがそんな事を環境認識をしていて思いました。

以上

P.S ブログについてもFXについてもぜひアドバイスいただけると幸いです。